第74回「藪からし」結果発表

体句賞4点
しめるほど胴深くなり藪からし 落花生
●「今の時期に合っている」佐渡
●「動けないけど深くなっていく感じ」山吹
●「まとまる感じがいいと思います。胴が漢語だけど気にならなかった。」蘆白 
●「胴、と、しめるの感じが面白かったです」畔道

3点句
足占(あしうら)をして藪からし焚きにけり 蘆白
●「この季節の空気感が感じられる。」へぎ
●「何か流れる感じとにほいがある。」そば
●「ひとつ花咲かせほどける藪からし」落花生

かくしごと小さき足あと藪からし ふうりん
●「かくしごと、という言葉に惹かれる。」トム
●「すっとよめました。今回の選句むずかしかったです。」こより
●「すっと入ってきて、読んでいてくすぐられる感じが愉しい。」おかゆ

ひざこぞうかかえてうらの藪からし こより
●「子供のころ、いじめっ子に見つからないように隠れた草藪のを思い出しました。」ふうりん
●「絵が浮かぶ、四番も好き。」てんてん
●「そっと灯を燈す夕暮れ」雪人

2点句
藪からしあの木篭られ枯吐息 畔道
●「寂びて次へと繋がる小さき風景に誘われます。」万作
●「枯吐息が佳い」サビ猫

1点句
のの字描く人さし指の仇(あだ)藪からし 万作
●「色っぽくて佳い。」上越




9月の兼題「鮭颪」もしくは「竹の春」
鮭颪
鮭が産卵のため川を上って来るこの時期に吹く強い風をいう。東北地方の呼称。

竹の春
竹は晩春から初夏にかけて筍の発生する前後に落葉して
秋になると青々と茂り成長の時期をむかえる。


体句の条件①からだ言葉(腹、腰、胸などの身体に関する語句)を入れる。②575の型を守る。③和語(訓読み)を用いる。投句はお一人一句、下記メールフォームにて。〆切は15日。投句公開は20日頃、選句の〆切は月末。結果発表は翌5日頃になります。

yabukarashi.jpg

コメント


トラックバック

↑