第73回「夏深し」結果発表

体句賞3点
二人から川の字になり夏深む 畔道
●「くずれた川の字が目に浮かぶし、幸せな気分になる」百日草
●「しあわせ」こより
●「見えない一本の線が様々に変化していく、味わい深い一句」落花生

2点句
夏さびて深々となる鼻の穴 落花生

●「ナンセンスだが堂々としている。」蘆白
●「よい」ちゃん

夏深し潜(くぐ)りの門の蟇股(かえるまた) 蘆白
●「見張りの猫さえうだる東照宮の夏が浮かびます。」万作
●「のが効いて、涼しい。」雪人

夏深し布滝透す石の肌 万作
●「布を広げたような滝の流れが、涼やかです」あずき
●「夏が深まり滝の涼しさの心地よさ」ルフナ

夏深し彼の人のゆく幾百里 雪人
●「あの世とこの世を自在に行き来する旅というかんじ」山吹
●「奥行き、距離感」天津甘栗

1点句
夏深しおくりおくられなびく髪 こより

●「ゆらめく感じでよかったです」サンドイッチ

川辺笑む誰ぞ撮ったげて夏深し 荘丘
●「とったげての流れの今様さがいいです。」畔道

8月の兼題「藪からし」
野原や路傍に生え、茎は蔓になって他物に巻きつく。初秋のころ、淡緑色の小さい花を多数開く。一名貧乏蔓(びんぼうかづら)


体句の条件①からだ言葉(腹、腰、胸などの身体に関する語句)を入れる。②575の型を守る。③和語(訓読み)を用いる。投句はお一人一句、下記メールフォームにて。〆切は15日。投句公開は20日頃、選句の〆切は月末。結果発表は翌5日頃になります。

201707.jpg

体句会開催のお知らせ
日時:8月19日 9時から14時
場所:横浜稽古場
テーマ:「100句作って場の集注へ」

コメント


トラックバック

↑