第72回「五月雨」投句公開

一   わら葺の五月雨ききて墨をする 
二   五月雨の前に佇む宵の口 
三   五月雨やゆばりぶくろを通り抜け   
四   牛買と牛の小脛や五月雨るる 
五   五月雨や亡き子が壁をとんとんとん  
六   五月雨や足攫らわれて夢醒めぬ 
七   五月雨の空を見つめて次を待つ
八   五月雨や何ごともない日の空と手
九   五月雨に滲む笹の葉墨の息

※投句済で掲載されていない方はお知らせ下さい。
【選句方法】自作以外でもっとも佳いと思った一句とその評を、右の投稿フォームにてお送りください。〆切は月末です。選句はオープン参加ですので投句していない方もどうぞ。

第71回「烏賊」結果発表

体句賞 4点
烏賊の皮はぐやみやまの雨あがり こより

●「佳いですねえ。この膨らみにはなかなか辿り着けない」蘆白
●「全体の景色がおもしろい回。字に書いてみて、書きやすいのは一と八でした。墨絵に銀の一か、緑青の八。今回は緑青の八とさせていただきます」雪人
●「景色の転換が鮮やかです」落花生
●「烏賊の慟哭は龍の嘶きか」小麦

3点句
するめいかお猪口の脇を千鳥足 青々

●「味・匂い・舌触り・・・ほろほろ愉しいひとコマです」万作
●「もうすぐできあがり」畔道
●「イカ刺しが大好物、とてもおいしそうです。今回は酒の肴がいっぱいで」伊藤

2点句
月上る音滑りゆく烏賊の耳 落花生

●「烏賊には月の上る夜は空気感が違うのだろうか」あずき
●「烏賊の耳は音を聞いているのか?耳の上をただ滑っているのか月は静かにある」 玄米

1点句
烏賊ぬめる透明な肌の奥底 畔道

●「烏賊の歯触りと海での様を感じ、烏賊になった感じがしました。透明が和語でなかった」こより

6月の兼題「五月雨」
旧暦五月の雨。「さみだれ」の「さ」は田植えの古語。昔、田植えはもっと遅かった。早苗(さなえ)の「さ」と同源。「みだれ」は「水垂れ」で雨の意味。 梅雨の長雨のこと。旧暦で今年は、五月が二回のうるう年。天災が懸念されている。

体句の条件①からだ言葉(腹、腰、胸など身体語)を入れる。②575の型を守る。③和語(訓読み)を用いる。投句はお一人一句、下記メールフォームにて。〆切は15日。投句公開は20日頃、選句の〆切は月末です。結果は翌5日頃になります。

第71回「烏賊」投句公開

一   月上る音滑りゆく烏賊の耳
二   烏賊返せば芳し袂の左指 
三   海原をちぢめるやうに烏賊のわた  
四   機のうえ大烏賊も鳴く雲のおもくて
五   烏賊喰らい赤い木の実の酒口へ  
六   口の中刺身になりて泳ぐ烏賊 
七   するめいかお猪口の脇を千鳥足 
八   烏賊の皮はぐやみやまの雨あがり 
九   烏賊ぬめる透明な肌の奥底 

※投句済で掲載されていない方はお知らせ下さい。
【選句方法】自作以外でもっとも佳いと思った一句とその評を、右の投稿フォームにてお送りください。〆切は月末です。選句はオープン参加ですので投句していない方もどうぞ。

第70回「麻疹(はしか)」結果発表

体句賞 4点句
これは麻疹か未だ卒業出来ぬ技 すずめ子
●「粘土をこねて形作られたような、力強さを感じました」落花生
●「病を自覚してゆく時の経過が読み込まれていて微笑ましい句です」万作
●「初心に帰る 稽古する者にとって大切なことを言っている」游謝
●「このひたむきさに一点。という感じで」雪人

1点句
今は去ぬ主のごとき麻疹かな 玄米
●「人間の主体性として意識なるものはつまり麻疹みたいなものかと」小麦
かむかえるはしかやみそめるま夜なか 雪人
●「不穏な不気味さもありつつ、何か神々しさもあるような、病の持つ美しさ」玄米
麻疹消ゆくさぐさの芽やかろやかに こより
●「経過するものものをちゃんと経過するとすっきりするのでしょうね」あずき
上向いて麻疹咲かせている乙女 蘆白
●「麻疹咲かして というのがいいなと思いました」こより
川面(おもて)跳ぶ石の先麻疹をる 落花生
●「この季節の空気、あります」畔道
麻疹にて我ここにあり示すなり あずき
●「粋だなあ」蘆白

五月の兼題「烏賊(いか)」

第70回「麻疹(はしか)」投句公開

一   これは麻疹か未だ卒業出来ぬ技
二   顔見えず麻疹の二文字備考欄
三   熱き手を離すことなく麻疹の夜  
四   かむかえるはしかやみそめるま夜なか
五   川面(おもて)跳ぶ石の先麻疹をる  
六   今は去ぬ主のごとき麻疹かな
七   雨纏う花びらの窓はしか床 
八   麻疹にて我ここにあり示すなり
九   上向いて麻疹咲かせている乙女
十   麻疹消ゆくさぐさの芽やかろやかに 

※投句済で掲載されていない方はお知らせ下さい。
【選句方法】自作以外でもっとも佳いと思った一句とその評を、右の投稿フォームにてお送りください。〆切は月末です。選句はオープン参加ですので投句していない方もどうぞ。
↑